遠近両用レンズの世間の評判てどうなんでしょうか?

うちに来店される方で言うと良い印象を持って

いる方の方が圧倒的に少なく感じます。

そんな方に僕がオススメするのが遠近ではなく

遠中レンズ(もしくは近用サポートと呼んでます )です。

遠中なんて呼び方のレンズはメーカーサイトを見てもありません。

でも、遠方と中間を見るのに特化したレンズという意味で

過去に遠近に挫折した方や、初めて遠近をかける方に
そう言う呼び方をしてオススメしています。

過去に遠近を失敗している人の大半が老眼度数の入れ過ぎによる

レンズの歪みに耐えられないで慣れる前に諦めてしまう。

というものだと思います。老眼の度数を強くしても

レンズの仕入れ値は変わりません。度数の過剰サービスをし過ぎる

検眼者が物凄く多いのも事実です。

あと、これは批判になってしまうのでさらっとしか書きませんが
レンズの価格はほとんどが開発費です。
これを見てる方はパソコンの知識がある方が多いと思うので
例えて話すと現在、Windows98やmeをお金出して買う方って
いないですよねw レンズもそれと同じで数世代以上前の設計のレンズが
安く流通しているんです。

あんまりウンチクを長く書いても嫌がられるかも知れないので

またリクエストがありましたら詳しく書かせて頂きます(´▽`)

当店にサングラスを見に来たEさん

でもお話を伺っていたら本当に必要なのは

遠近両用なんじゃないかと思い検眼を提案させて貰いました。


ただの視力矯正器具としての眼鏡だと

今まで視力が良かった人や眼鏡をかけ慣れてない人からしたら

邪魔なものでしかないのかも知れません。

でもネックレスやイヤリングみたいにアクセサリーて

生活するのに無駄なモノでも身に着けたくなりますよね?^^


そんな感覚で眼鏡も見てくれたら嬉しいんです。

お勧めさせて頂いたのがこちらです。

今年、春の展示会のラス1コレクションで見つけた


AKITTO
作品名 jam
material チタン + βチタン


まずは眼鏡がEさんにとって無くてはならない

相棒になってくれる事を願います^^


過去の作品なのでもう在庫がかなり少ないのです。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL