2012年5月に新色が追加され

再発売されたREALの名作『RF102』

その最後の1本である

REAL RE102
カラー10   Skeleton


IOFTで受賞した名作R801を脈々と受け継いだこの作品は

その後、TAGシリーズとして様々な変化を遂げていく。

来年、こちらナイロールタイプの新型を考えているとかいないとかw

井上さんまた熱を出さない様にがんばって下さいね(´▽`)

http://www.1994real.com/index.html

1994年の秋、東京のダウンタウン足立区綾瀬に
小さな眼鏡店がひっそりとオープンした。

この時、28歳であったショップのオーナーは
メガネを単に職業としての視線で観るに留まらず
メガネの持ちえる可能性と
その無限にも感じられる魅力に取り憑かれていた。

優れた数々のドメスティックブランドと出会いを得る中、
音楽の世界にシンガーソングライターが存在するように
彼もまた 溢れだす抑えきれぬ情熱
自らが求める『理想のメガネフレーム』として誕生させた。

このメガネブランドこそ
2005年10月、産声をあげた

1店舗のオーナーがブランドを立ち上げ幾多の出会いと別れを繰り返しながらも

全国の店舗で扱われるようになった事実。

そこに関わった全ての方に尊敬と憧れの念を持ちます。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL