店長の僕が帰って来て店をリニューアルOPENして早10年
親友に「これからどういう店にしていきたいの?」と問われ即答できませんでした。
自分のあり方を今後どういう店にして行きたいかをもう一度見つめ直しました。
おっさんになっても程よく尖っていたいな。そんな思いで導入を決定したブランド

KUBORAUM は2012 年にべルリンで生まれたブランドです。デザイナー兼アーティストLIVIO
GRAZIOTTIN とブランディング、コミュニケーションとマーケティングディレクターの人類学者で
もあるSERGIO EUSEBI によって設立。

ブランド誕生のきっかけは、イタリアの伝統工芸の技術をベースにクリエイティブな環境が整った

ベルリンで商品開発をするプロジェクト。ベルリンで生まれ、イタリアで匠の力で形になる。

ベルリンとイタリアの融合。その結果KUBORAUM は、奇想天外な発想でスタイルの違う

伝統的技法や芸術的職人技を組み合わせることに成功。今までにないタイプのEYEWEAR を

誕生させる。KUBORAUM とは無限の表現、芸術、デザインそしてコミュニケーションを

異なるフィールドで探究することを意味する。


MASKへのこだわり
KUBORAUM のMASK(フレーム)へのこだわり。MASK とは人柄を描き他とは違う個性を演出。
MASK とはかけひきと挑戦。MASK とは強調。防御。そしてシェルター。ありのままの自分入れる
場所。人生を心安らかに生きる場所。今を生きる。そして二つのレンズから世界に目をむける。
KUBORAUM とは、まるで隠れ家CUBIC ROOMS。
 

誕生
KUBORAUM はドイツが東西分裂していた時代に東西ベルリンの境界線上にあった歴史的建造物で
もある郵便局の跡地で誕生した。それは新進気鋭のアーティストたちが互いに刺激を受け、独自の作
品を生み出すベルリン。歴史的建造物である旧郵便局。歴史と芸術が融合されまるで過去と未来を行
き来できるような空間。スタジオやショールーム、KUBORAUM の旗艦店が併設。デザインからブ
ランドアイデンティティへ、イメージからコミュニケーションへ。画像から動画へ。芸術的空間から
インテリアデザインプロジェクトへ。数々のマジックを生み出したのはデザイナー兼アーティスティ
ックディレクターLIVIO GRAZIOTTIN とブランディング、コミュニケーションとマーケティングデ
ィレクターの人類学者でもあるSERGIO EUSEBI 。二人の才能が融合されて誕生したのが
KUBORAUM。

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL