ニコニコ動画
※本日のBGMは終わりゆく夏を楽しんでください。
哀愁が漂うのでせめてノリはよく・・・



8月の終りに工事は始まった。

1950

1950年に産声をあげた久保田時計店

歴史1

私の祖父・友永が時計・貴金属の小売店を開店した。

歴史2

1968年眼鏡学校を卒業した父が店に入り眼鏡と時計の兼業店になった。

旧店舗1

これが破壊されるまえの久保田時計店。
かなり味が出ているので観光者に写真撮影をされたりしていた(^_^;)

旧店舗2

何年前のポスターだろう・・・
店内に色褪せたポスターがかなり貼られていたw


内装破壊

今の景気を見れば勝負を賭ける時期ではないかもしれない。
でも、このままじゃいけないと思い息子である私に
店を託してくれた父・恵一。
しかし愛着のある店を取り壊した後を見る姿には哀愁を感じる・・・
生き様・・・好きな言葉である。

内装工事3

表のシャッターやファサード(雨避けの幌)も完全に撤去される。

内装まっさら

完全にスケルトン状態になりつつある店内

工事2

暑いさなか汗だくになりながら頑張る内装屋さん

工事1

表の下地も出来上がってきた。

内装工事4

台風が接近してきたので急いで上のレンガを貼っていた。

外装

その甲斐もありレンガ貼りは完成。

家具

頼んでいた家具も出来上がり続々と店内が出来上がってきた^^


店のテーマはレトロモダンとでもいいましょうか。
内装外装共に木とレンガに拘りました。
東京で木の暖か味を感じてもらいたく棚は全て木製です。
私たちの色んな思いを込めて作られた店内です。
もちろん扱う作品達も貴方を楽しませてくれる事、間違いなしでしょう。
眼鏡工房 久保田のショップコンセプトは
『繋げる・紡ぐ・伝える』です。

今日の写真UPはここまでにしておきます。
BLOGを見て来たと言ってくれたら
美味しい珈琲を御馳走しますのでお気軽に声を掛けて下さいね^^

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL